{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
電話でのご相談 086-425-7371 (平日 9:00〜17:00 株式会社ハートプランニング 
 ネット担当石田まで)
5000円以上で送料無料

小紋柄

伝統的な”小紋柄”

日本古来のパターン柄

小紋柄とは、着物に使われている柄の種類で、「小さい」「紋様」を意味しています。
遠くから見ると単色に見えることから、幕府による贅沢品の取り締まるために考案され、武士の間で流行しました。
市松模様や波文様などは現在でも様々なものに使用されています。
また、最近ではアニメや漫画にも使用され話題になりました。
 

並び替え
4件中 1-4件表示
並び替え
4件中 1-4件表示

縫製の街倉敷

繊維業の町として発展した倉敷の歴史は江戸時代にまで遡ります。
もともと倉敷一帯は埋め立て地のため土壌に塩が含まれており米の栽培に適してはいません。そのため綿花の栽培や交易に力を入れ、生産力と物流を備えた繊維の町として栄えていきました。
明治時代に入るとヨーロッパから輸入した機械を使いその生産量は飛躍的に伸びていき、足袋、作業服、学生服など様々な製品を高い品質で作り出していきました。

国産初のジーンズは倉敷から

戦後になるとアメリカの文化が急速に日本に広まっていきました。食、娯楽そしてファッション!最初はサイズの大きい米軍の古着を縫製し直し販売していましたが、今まで培ってきた技術を生かせば国産で販売することができるのでは…と考えたのです。
そして1965年、倉敷児島にあるマルオ被服という会社が、輸入した生地を縫製し初めての国産ジーンズを生み出しました。そのマルオ被服は皆さんも1度は聞いたことのある、あのBIG JOHNの元になった会社なのです。そして1973年倉敷紡績が日本初の国産デニム生地を開発し、生地から縫製まですべて国産のジーンズが製造可能となったのです。

当社の製品はすべてメイドin倉敷

倉敷の工場で国産にこだわり、一枚一枚丁寧に作っています。
生地も国産のコシのあるデニム地を使っており、段々と柔らかく濃淡のメリハリがついていき味わい深い色に変化していきます。
毎日使うことが楽しくなる、そんなデニム製品を目指しました。
カートへ